泉里香さんをイメージモデルに迎えた新しいカラーコンタクトレンズのCALME D'OR

CALME D'OR カラーコンタクト ELEGANCE

初めてご使用される方へ

カラコンは高度管理医療機器です

平成21年11月4日より、カラーコンタクトレンズは、視力補正用コンタクトレンズと同じように高度管理医療機器として薬事法の規制対象となりました。
これに伴い、カラーコンタクトレンズの製造・輸入にあたっては厚生労働大臣の承認が、販売にあたっては都道府県知事の販売業の許可、販売管理者の設置が義務づけられています。

CALME D'ORは高度管理医療機器販売業免許を取得しています。
「高度管理医療機器販売業免許812520号」



眼科医の検査、指示に従ってください。

涙液分泌不足など使用に適さない方がおられます。また使用に適さない生活環境もあります。


眼科医の定期検査を必ず受けてください。

自覚症状がなくても、目に異常が生じている場合があります。定期的に検診を行いましょう。


徐々に目をレンズに慣らしてください。

最初は目に違和感、異物感を感じる場合があります。徐々に使用時間を延ばしてください。


異常を感じたらレンズをはずし、すぐに眼科医の検査を受けてください。

目の痛み、充血などの異常をそのままにしておくと、思わぬ目のトラブルに発展することがあります。早めの受診をしましょう。

使用方法を守ってお使いください

長時間の使用、レンズをつけたまま寝ないでください(仮眠や昼寝も含む)

長時間の装用により、目にレンズが吸着したり、角膜の酸素不足になります。


ケア用品でしっかり洗浄しましょう

ケアを怠るとレンズに蓄積・固着し、カビや細菌が繁殖しやすくなり使用できなくなります。また、眼の障害を引きおこすこともあります。


正しい装用期間を守って使用しましょう

レンズは緒機関の使用で、劣化し汚れなどが蓄積しやすくなり、目のトラブルの原因となります。


他人とのレンズの交換などは行わないようにしましょう

レンズを介して病気に感染したり、合わないレンズで目に障害を起こす事があります。


レンズの洗浄保存には洗浄保存液を使用しましょう

水道水であらうと、浸透圧の違いでレンズが変形したり、アメーバ角膜炎という病気になる可能性があります。


レンズを口に含まないようにしてください

口の中には細菌がたくさんいます。感染症の原因になることがあるので、絶対やめましょう。


メイクをする前にコンタクトレンズを装着しましょう

メイク後にカラコンを付けると、レンズに化粧品が付いてしまい、目に入り炎症を起こす可能性があります。


カラコンによる目の障害の原因で最も多いものが、「誤った使用方法」や「ケアの手抜き」です。

使用方法、ケアを正しく行い、必ず添付文書や取扱説明書をよく読み、眼科医の指示に従い正しい取扱方法を守ってください。

PAGE TOP